• 090-1158-5171
  • laaurorecom@gmail.com

GIGAスクール構想

GIGAスクール構想

日本の小中学生それぞれ1人に1台のPC、全国の学校に高速大容量の通信ネットワークを。ICTを効率的に活用してこれから多様な世界に羽ばたく子供たちに最適化された教育を実現するために2019年12月に文部科学省が発表したプロジェクトです。当初2023年度までをめどに全国で整備される予定。

Global and Innovation Gateway for ALL

姫路市でもこの取り組みが少しずつ形になり、1人に1台ずつchromebookが貸与されています。
卒業するまで学校で自分のパソコンとして日常的に活用していくという時代になりました。自分たちの時でいうノートと鉛筆とおなじように、もはや文房具と同じ扱いになりつつあるのがすごい。

子どもたちはすぐに使い方に慣れ、調べ学習や自分の意見を人に伝えるためのプレゼンテーション資料を作ったりと、どんどん自分のものにしていっている一方で、なかなか使いこなせない先生方の悩ましいお声も聞きます…(保護者を含む大人)
便利な一方でどんな情報を取捨選択するか、プライバシーの問題なども伴うと思っています。

それぞれの子どもの端末から個人の教育データを収集、分析。
個別に最適化された学習システムをひとりひとりにフィードバックするという壮大な取り組み。これからの時代には必要な事なのでしょうが少し怖い気もするのは私だけではないはず。

大容量通信ネットワークも市内すべてでしっかり整備されるべきではありますが、まだ日によって、場所によって無線LAN通信ができないなどの問題も。システムが確実に整えられていないのもまずは今後の課題となろうかと思います。

コロナウイルス感染症対策で休校、各種学校行事の中止や縮小により保護者が学校での様子が知りえなかったり、自宅での学習が可能な通信環境が早急に必要と感じた今年度、さらにICT化の必要性がうたわれ、整備スケジュールも加速しそうな予感です。

…ついていけるかな💦
話を聞くにつれどんどん置き去りにされていく自分が悲しい…😢
子供たちが学校で使っているデジタル教科書、アプリケーションやシステムについてはまた次回紹介したいと思います。

mayuko

メッセージを残す

four × 5 =

過去のblogを見る
3月8日は『国際女性…